生命保険販売者向け

生命保険販売者のためのツール~ニュースレター~

1:5の法則

 既存顧客に対する保険の見直し時期は頻繁に訪れないため、どうしても新規顧客のアプローチに時間を費やしてしまいます。既存の顧客の数が一定数以上いない場合は新規顧客獲得に時間を費やす必要がありますが、既存顧客へのサービスは後回しになりがちです。マーケティングにおいて、1:5の法則と呼ばれる法則があります。これは、新規顧客を獲得するためには、既存顧客の5倍のコストがかかるという法則です。新規顧客を獲得するためには、ホームページの作成・更新、チラシの作成・配布、セミナー・相談会の実施など新たなコストがかかります。一方、既存顧客は、一度、保険の契約をしていただいているため、保険の見直し時期になると、再び契約してもらえる確率が高いばかりではなく、新規顧客のような広告宣伝費が不要です。このように、コストの面からも既存顧客へのアプローチが必須になります。

新規顧客獲得から既存獲得へシフト

 抱えている契約者数が少ない場合は新規顧客獲得に時間をかける必要がありますが、一定の契約者数超えると、紹介者数が増えてきます。シフトするタイミングは人それぞれですが、可能であれば早めに既存顧客へのサービス充実も図っておきたいところです(シフトといっても完全に新規顧客獲得のための広告宣伝費を使いわないという意味ではありません)。常に新規顧客獲得に時間を使ってしまうと、既存顧客が他に流れ、前述のように、常に高い費用を負担し続けることになりかねません。重複しますが、理想は、既存顧客へのサービスを充実させ、紹介者が増えることで、広告宣伝費を抑え、既存顧客の満足度を上げることです。紹介による新規顧客獲得を実現できますし、紹介された方はすでに募集人に対して一定の信頼をしているため、契約に結び付きやすくなります。

負担になる記事の作成

 前述のとおり、保険商品の販売において、継続的に収入を得るためには、既存顧客との関係性維持・強化が欠かせません。しばらく連絡をしないと、他の販売者に時間と費用をかけて契約していただいた顧客を取られてしまいます。しかし、既存のお客様とのつながりを継続する方法の一つであるニュースレターの配布は、記事を書く負担が多く、なかなか続かないのではないでしょうか。そんな生命保険販売者の負担を減らし、お客様との関係性を維持・強化したいという要望に応え、自由に加工していただけるニュースレターを毎月発行しております。

▼ニュースレターの特徴

IMG_1590

  • 記事を書く負担がありません。
  • 複数のテンプレートを用意しております。
  • microsoft社のwordで配信いたします。
  • かつて生損保商品を30社程度扱っていたファイナンシャルプランナー(CFP®)が、最新の記事を書きます。
  • 記事内容は、「最新のマネー情報」「保険に関する情報」「データで見る○○」で構成しております。
  • 毎月20日に翌月号分をメールにて配信いたします。
  • 基本的に、ご自由に加工していただいて構いません。最初に必要な個所を変更してしまえば、あとは毎月コピー&ペーストするだけで、オリジナルのニュースレターとなります。
  • 写真やイラスト等のご利用にはご注意ください。

 

▼必要な箇所は自由に変更可能です。

WS000129
 

▼最新の気になる話題が前面の記事になります。

WS000130
 

▼裏面に生命保険関連の記事が入ります。

WS000131
 
button08_moushikomi_02
※当オフィスが運営しております「FP試験研究所」のカード決済機能を利用しております。